味覚障害対策サプリ!

味覚障害以外にも様々な不調をきたす亜鉛不足ですが、亜鉛を継続的に一定量補給するためには毎回の食事にそれなりの負担が強いられます。

 

そのため、手軽に効率良く亜鉛を摂るためにサプリが効果的です。特に亜鉛含有量が豊富な牡蠣の栄養を凝縮したものがおすすめです。

 

当サイトが掲載する牡蠣サプリはどれも1日9〜12mgの推奨量を含有しています。また、食品由来の亜鉛の補給が可能です。どうぞ参考にしてください。

 

海宝の力の特徴

海宝の力は、1日分に17mgの亜鉛を含有した食品由来のサプリメントになります。高品質の瀬戸内海産の牡蠣から摂れた亜鉛をたっぷり凝縮。また、亜鉛の吸収力を高めるビタミンC・クエン酸・動物性たんぱく質などもしっかり含まれます。そして、亜鉛と相性の良いオルニチンも配合しています。亜鉛不足に悩む方も違いを実感できるサプリメントとなっています。今なら当サイトより30日分が980円の購入が可能です。

価格 980円
評価 評価5
備考 亜鉛17mg・魚肉ペプチド・オルニチンなど

 

牡蠣のチカラαの特徴

牡蠣のチカラαは、海のミルクといわれるにふさわしい上質な瀬戸内海の牡蠣を使用したサプリメントです。1袋に約181個分の牡蠣から摂れる栄養を惜しみなく贅沢に配合しています。特に亜鉛は1日あたり16mg含有しています。さらに、高麗人参・マカなどの希少な健康成分、滋養強壮成分などもプラス。亜鉛不足解消の実感力の高いサプリメントに仕上がっています。今なら当サイトより30日分980円の購入が可能です。

価格 980円
評価 評価4.5
備考 亜鉛16mg・高麗人参・マカなど

 

しじみ習慣の特徴

しじみ習慣は、亜鉛含有量は牡蠣に劣るものの幅広い栄養を持ったしじみエキスを配合したサプリメントです。しじみには、オルニチンやタウリンなどをはじめ、アミノ酸を中心に実に様々な栄養が含まれています(もちろん亜鉛も)。そのため、肝臓サプリとしてはもはや定番ともいうべき素材となっています。しじみ習慣は高品質なしじみから抽出した栄養をふんだんに凝縮しています。今なら10日間分の無料サンプルが手に入ります。

価格 0円
評価 評価4
備考 しじみエキス

 

味覚障害は亜鉛不足が原因

 

味覚が全体的に鈍くなって味付けがやたら濃くなったり、あるいは何を食べても美味しく感じられなくなったりする味覚障害は意外と稀な問題ではなく、特に近年では味覚障害に陥る人が増えてきています。

 

味覚障害の多くは舌に存在し味を情報として得るための器官である「味蕾」が減っているために起こり、この最大の原因は亜鉛の摂取不足なのです。

 

味蕾は存在する部位によってそれぞれ様々な味を知覚します。ある部位の味蕾は甘さを感じたり、またある部位の味蕾はしょっぱさを感じたりして、それぞれの味蕾が働くことにより総合的に食べ物の味を感じることができているのです。

 

この味蕾は当然ながら他の器官と同じく、細胞が死んでは生まれ新陳代謝が起こっています。そして味蕾を形成するには亜鉛が必要なため、亜鉛が不足すると新しい味蕾が生まれてこなくなることもあります。

 

こうして味蕾が減ったまま十分な数が生まれてこなくなった状態が味覚障害であり、全体的に味に対して鈍感になり、やたらと味付けが薄く感じるようになります。

 

亜鉛の役割には生殖に関わるものや免疫に関わるものなど、重要な働きを行うものが多いため、生命維持に直接関わらない味蕾の生成への割り当てはどうしても後回しにされがちです。そのため、亜鉛が不足すると割と早い段階で味覚障害が発生し始めることがあるといわれています。

 

確かに味覚障害が起きたからといって致命的な症状が起こるわけではありませんが、生活習慣病の原因になるなど健康を蝕むことにも繋がりますので、早めに対処すべき問題です。

 

味覚障害を放っておくと・・・?

 

味覚障害はそれそのものが何かしら社会生活に直結する機能を阻害しないため軽く見られがちですが、実際には大きな問題をはらむ疾病です。というのは、味覚障害が続くと他の疾病を招きやすいのです。

 

まず、味覚障害の最も単純な現れ方としては味が薄く感じられたり味がほとんどしなくなったりといったものがあります。このような状態になるとどうしても味付けが濃くなってしまうため、塩分過剰による高血圧や糖質過剰による糖尿病などを引き起こしがちです。

 

特に問題となるのが、元々これらの病気を持っている方、あるいは予備軍の方です。こういった高リスク群の方が味覚障害をきっかけに病状を深刻化させるということは割とよくあることであり、その場合は致命的な症状を引き起こしかねないため、軽視することなく治療を受けなければなりません。特に生活習慣病罹患者は初期の段階ですぐに主治医に相談しましょう。

 

また、期待するのと違う味がするというのは想像するよりずっと強いストレスを感じるものです。また強いストレスがさらに味覚障害を生むということもあり、味覚障害によるストレスが様々な精神病を引き起こすこともありますし、ストレスと味覚障害のループに陥ってしまうこともあり得ます。

 

人間の本質的欲求である食欲を味覚の面で十分に満たせないということの大きさを認識し、たかが味覚と思わずしっかりと治しておくことが重要です。

更新履歴